>>> 宅建ひろば >>> 事務局訪問
2017-09-12

 

 

今回は空気がおいしく景色がきれいな上高井郡高山村で事務所を構える
高井林産工業㈱さんにおじゃまさせていただきました。 



高井林産工業㈱さんでは、主に建築請負及び不動産の売買を行っています。

先代の社長(父)時代は、製材と建築の他に
冬は地元の職人さん(大工)を連れて関東(東京・千葉・横浜)へ
りんごを売りに行っていたそうです。
あちらの建物は酷かったので、りんごを売った先でお客さんを見つけて
建築請負をしていたそうです。
 
  

  親から受け継いで2代目の宮島社長
大病を2回経験しています。
12年前に48歳で肺がん(ステージ3)、3年前に悪性リンパ腫(ステージ4)を
患い、死を覚悟していた時期もあったそうですが
現在はお元気になられて毎日仕事を熟しておられるとのことだそうです。
癌はやだけど、今は薬も良くなり、医療も進歩しているので
癌=死ではなくなってきたと実感しているそうです。

 
  
現在のスタッフは、宮島社長とお母様(お茶番)と経理担当の妹さんで対応
妹さんが手伝い来てから成績が上がったそうで⤴⤴
口には出さないが凄く助かっているそうです。
 
ほとんど病気をしたことがない健康なお母様は7∞歳⁉
車の運転もうまく、昔は職人さんを連れて東京・千葉まで
送り迎えをしていたことから「宮島観光」と呼ばれていたそう!!
健康の秘訣をお聞きすると、穏やかに楽しく過ごすこと。
お友達からお誘いがあればお出かけをして
良い仲間に会う事でいつも元気をもらえるそうです。
 
 
宮島社長が健康に気をつけている事は?
ストレスをためないこと
病気をしてから酒もたばこもやめ、規則正しい生活を今は送っているそう。
明るくなったら起き、暗くなったら寝て、雨が降ったら読書をし、
天気が良かったら外で仕事をするという生活が『基本』であとは運動!
高山村の冬は大変なので(今年は特に雪が多かったので)
家でできる運動をと
 
 「ランニングマシーン」
 
先代の社長は、地元の人からとても評判が良く、
年間 新築・リフォーム含め25件していたそうです。
住宅が100万円や80万円位で建てられた頃、
契約もきちんとしない時代に、予定額より余ったからと
お客様にお金を返したら大変喜ばらたそうです。
ただ儲けるという事を自分で許さなかったので
従業員への面倒見も良く情に厚いお人柄で
たった一人で営業せずにやってきたそうです。
現在も営業をしなくても、周りが評価して
皆さんが仕事を持ってきてくれるので、
うまくいくようにやってくれたおかげだと
親を『良い鑑』に、感謝する宮島社長でした。
 
 
 
高山村は温泉や牧場もあり別荘も多いので
遠くのお客様からの問い合わせも多いようです。
古民家を探しているお客様の問い合わせもあるそうですが、
お客様の望むような良い古民家物件がないのが現状
 
お客様も電話だけより、地元で誰の紹介でもいいから
自分で歩いて探すような顔の見えるお客様とは、
今でも永い良いお付き合いを続けているそうです。
 
 
お客様とのご縁を大切にしている宮島社長は
仕事の依頼も多いようで大変お忙しそうでした。
 
社長・スタッフさんお忙しいなか
ありがとうございました。
 
■会社概要 長野県知事(9)2737
高井林産工業㈱
代表取締役 宮島 澄男
〒382-0800 上高井郡高山村大字高山650-1
℡ 026-245-0240/FAX 026-245-7617
支部会員リンク ⇒高井林産工業㈱
 
 
 
 


2017-01-05

今回は長野市川中島町原に事務所を
構える㈲マイティー長野さんに
おじゃまさせていただきました。 

先代の社長()が長野電鉄㈱の不動産部から独立し、平成6年に会社を設立、
今年で23年目を迎えられました。 

㈲マイティー長野の名前の由来は、会社を立ち上げた2人の名前の頭文字
(宮下の『M』と土屋の『T』)と
幅広くオールマイティーに不動産関係の
仕事をやろうという意味を込めて付けられたそうです。 

当初はオールマイティーに売買・賃貸 
何でもやっていましたが
南地区に賃貸の専門店が増えてきた
タイミングで賃貸をやめ、現在は
主に売買 分譲(開発)を行っています。
そのためお客様は子育て世代のマイホームをお探しの若い方が多いそうです。  

 
現在は宮下社長と妹さんの2人で業務を行っています。
(社長は営業から全てを行い妹さんは事務担当)

・・・

宮下社長が不動産業を始めるきっかけは
長野電鉄㈱で電車の車掌をしていた父親が
不動産部に異動することになりました。その当時は、バブルの時代という事もあり、
不動産業界にあまりいいイメージがなかったそうです。
その後、大学進学のため長野を離れ東京に出てしまったので、父親がどういう事を
していたのか全く知らなかったとのこと。
大学卒業後は出版社で10年近くサラリーマンをしていましたが、
バブルに
陰りが見え始め、世の中全体が今までと違う
雰囲気に
なってきたことを直感し、サラリーマンをやめて独立しようと考えていました。
ちょうど福祉の専門書を担当していた事もあり、環境やITを専門にしている
友人3人で会社設立を決意し
情報の『J』・福祉の『F』・環境の『K』で『JFKコンサルタント』という
会社名まで決めていたぐらいでした。
そんなことを考えていた頃、たまたま
労働省の教育給付金制度(現在もあるそうです)というものを知りました。
仕事のために勉強をしたら給付金がもらえるという制度で、当時できたばかりの
制度という事もあり、学校に行ったり勉強するだけで、授業料の
8
割負担してくれるというものでした。
8
割も負担してくれるのであれば何か勉強しなくてはもったいないと考え、
たまたま思いついた宅建試験の学校に通い、たまたま勉強した部分が出題され、

運良く合格!!

合格して初めて「取得した資格を使わない手はない」と考え
父親が営む不動産業を継ぐため、平成14年に地元長野へ戻ってきたそうです。

  
宮下社長の趣味は
自転車とスポーツ観戦
ロード系の自転車で山をひたすら登り続け
海外サッカーを中心に様々なスポーツを観戦するとのこと。
上の娘さんがサッカーをやっているのでよく観戦に行くそうですが
クラシックバレエをしている
下の娘さんの練習は
…周りの目が気になり…なかなか行けないのだとか。

モットーは誠実に仕事をすること!


 

花巻市にある宮沢賢治記念館で購入した
宮澤賢治 直筆の
『雨ニモマケズ』コピー事務所に飾られています。
『謙虚であることを常に忘れないようにするため』だそうです。 

 

自分と同じ意識を持った人と仕事をしないと、いいものを作れないし気持ちよく
仕事ができないとおっしゃる宮下社長 

仕事に対する姿勢は親切・丁寧でお客様に対する誠意感じました。 

社長・スタッフさんお忙しいなか
ありがとうございました。   

■会社概要 長野県知事(5)4089
㈲マイティー長野
代表取締役 宮下 勇人
381-2224 長野市川中島町原1370-2
℡ 026-283-5310FAX 026-283-5311
HP
  http://www.h5.dion.ne.jp/~myt/index.html
支部会員リンク ⇒ ㈲マイティー長野

 

 


2016-11-01

 
 
今回は中野市のきれいな街並みに事務所を構える㈲アクセスさんに
おじゃまさせていただきました。
 
以前勤めていた会社(㈱高見澤)を円満退社 (40歳で独立)し平成7年に
地元中野市で会社を設立し、今年で21年目を迎えられました。
 
㈲アクセスの名前の由来は、独立する時社名を考えるために外来語辞典を開いた時、
最初に開いたページに『アクセス』が出てきて、意味を調べたところ「つなぐ」と
いう意味があり、人との繋がりや結ぶという意味を込めて決めたそうです。
 
阿部社長
趣味はゴルフ プロ級の腕前!!
 
スタッフは社長と経理や接客担当の奥様。
そして将来の跡継ぎである2代目のお孫さん(2歳)(大物になりそうー‼)で
業務を行っています。
 
  
平成7~13年までは仲介をしていたが、12~13年頃から地価が下がってきたのを機に
賃貸をやめ、平成14年から分譲を始め今までに約140区画の分譲を手がけてきました。
現在行っている8区画を分譲するとちょうど150区画になるそうです。
 
 
阿部社長は、現場にもよく出向くそう。
現場へ行ってコンクリートを打ったりすることもあるそうで、
無になれるし仕事に没頭できるから
好きなんだそう。
現場に出るとその場の状態がわかるので、わかったなりにお客様にも説明もできるので、
毎日現場に行くそうです。そのため今まで大きなトラブルはほとんどないそうです。
 
また㈲アクセスさんが手がけている分譲地には雪捨て場のスペースが設けられています。
これは雪の多い中野市において雪を捨てる場所に困る住人の皆さんの事を考えてのこと。
有効宅地として売れる土地をあえてアクセスさんが所有しているのだという。
夏は対応車との行き違いできる場所として
町や地区の皆さんにも大変喜ばれているそうです。
 
 
お客様はマイホームをお探しの若い年代の方が多いそう。
また、ほとんど看板も立てず、広告や宣伝を行わないという。
分譲を始めると噂を聞きつけてお客様が来てくれるそうです。
これは今まで地域のためにされてきた
阿部社長の人柄と信頼によるものだと改めて感じました。
 
ちょうど商談中のところ取材にお協力いただき、
社長・スタッフさんお忙しいなかありがとうございました。
 
会社概要 長野県知事(5)4207
㈲アクセス
代表 阿部 善春
〒383-0013 中野市大字中野267
℡0269-23-5378/FAX0269-23-5380
支部会員リンク ⇒㈲アクセス
 
 

 


2015-09-16

 


 

今回は、志賀高原や湯田中渋温泉など観光地として有名な山ノ内町に

事務所を構えるマルトミ不動産さんにおじゃまさせて頂きました。



会社は息子さんの誕生された年に設立し、今年で34年になります。


会社名は、土屋代表が以前勤めていた設計事務所の先輩と

独立して不動産業を始める際に、先輩が「マルトミ」と名付けてくれたそうです。

その先輩は一緒に仕事をすることなく病気で亡くなられました。




土屋代表

現在スタッフは、土屋代表と息子さんで対応



息子さんはウェブ担当

 

マルトミ不動産さんでは賃貸、主に売買をメインに行っています。

特に温泉街のリゾート物件(マンション)が多く

お客様も県外の方が多いそうです。

最近は、ゲストハウスのリノベーション物件も手掛けております。

 

山ノ内町はスキー場として有名な観光地ですが、近年は

空き店舗も増え、観光客も減少している状況でした。

そんななか、今年3月末

政府系ファンドの地域経済活性化支援機構と

県内の地域金融機関との間で、観光地の再生を目指したファンドを設立し、

山ノ内町は志賀高原や湯田中渋温泉郷などに加え、

外国人観光客の人気を集める地獄谷野猿公苑や、

観光資源が豊富なことからモデル地域として選定されました。



マルトミ不動産さんは、地元事業者で設立した「WAKUWAKUやまのうち」で

空き店舗を外国人向けゲストハウスにリノベーションしたり

町並みの整備やイベントなど企画し、観光まちづくり事業に参加されています。

 

山ノ内町に宿泊してもらえないという欠点を課題として

町に観光客を増やす事を目標に現在活動しています。



温泉に入る「スノーモンキー」は外国人観光客に人気な観光スピット

スノーモンキーの外国版パンフレットを作成






湯田中・渋温泉郷の再生を成功させるため

尽力している土屋代表はとても人脈が広く

今後の活躍を期待しております。

 

 代表さん・スタッフの皆さんご協力ありがとうございました。

  

■会社概要 長野県知事(9)2567

マルトミ不動産

代表 土屋 富夫

〒381-0401 下高井郡山ノ内町大字平穏2831-17

℡ 0269-33-3048/FAX 0269-33-3048


支部会員リンク ⇒ マルトミ不動産


 

 







2015-09-01





善光寺門前にある東町で事務所を構える㈱MYROOMさんへおじゃまさせて頂きました。

5年前に東町にあるKANEMATHUで会社を設立し、昨年12月に現在の事務所へ移転してきました。



天井も高く開放的な事務所

 

現在の事務所は、東町の細い路地(新小路)に使われなくなった大きなビル倉庫をリノベーションし、

1Fにはシェアショップとアトリエ、作業場があり、

2Fスペースに建築士事務所やウェブデザインとシェアして使っています。



倉石社長


㈱MYROOMの名前の由来は『自分の場所を紹介します。』

現在、倉石社長と企画管理担当・不動産担当の3名で業務を行っています。


㈱MYROOMさんは、空き家専門で空き家を管理・改修し、

移住・開業希望者のための空き家見学会や移住開業の支援等を行っています。

特に、長野市のまちなか再生には積極的に取り組んでおり、

リノベーションによる空き店舗や空き家等の活用を通じて、

中心市街地のにぎわいの創出、居住人口の増加等に貢献されています。

その取り組み活動が評価され、今年5月、第4回まちづくり法人 国土交通大臣表彰

「まちの活性化・魅力創出部門」の特別賞を受賞されました。




3Fは倉庫スペース



昔使われていた古い家具や建具が多く保管されている倉庫。

廃校になった小学校の机や椅子など再利用



 

古い家具や建具は、これからお店を出したいという方が再利用します。



長野市の善光寺門前町は、多くのリノベーション物件が並んでいます。

MYROOMさんに訪れるお客様は大門のまちなかでお店をやりたいという方が多いようです。

今後のご活躍を楽しみにしています。

社長さん・スタッフの皆さんご協力ありがとうございました。


 


■会社概要 長野県知事(2)5195

㈱MYROOM

代表取締役 倉石 智典

〒380-0831 長野市東町146-3

℡ 026-219-6680/FAX 026-262-1221

HP http://myroom.naganoblog.jp/

支部会員リンク ⇒ MYROOM




 


(1) 2 »