《第13回》(株)中部エース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

第13回目の事務所訪問は・・・長野市吉田に事務所を構える

(株)中部エースさんにおじゃまさせて頂きました。

昭和47年に、市内大型店を退職された川端社長のお父様が会社を立ち上げました。
当初は多くの社員を雇い、服飾・画廊・飲食などを営んでいましたが、オイルショックを機に、宅建業免許を取得し、不動産業も始められたそうです。

大学卒業後の川端社長は、東京で別のお仕事をされていましたが、お父様が取引士の免許を自慢してきたので、「自分も取得してみせる!」と、取引士の勉強をして見事合格しました。

「今思えば、資格を取らせる為の、父親の手だったのかもなぁ」

資格を取得し、バブルの時代でどんな事も上手くいくと思い、30歳の時に長野に戻りました。
当時、東京でお付き合いをしていた奥様も、結婚を機に長野に来ました・・・が!

「ベネチアで結婚式を挙げたい!」と考えた川端ご夫婦。

当時は“海外挙式”と言うものが無かったので、イタリア政府観光局に相談をしました。
すると、「面白い事を考えたな(笑)!!」と、観光局の方がイタリアの旅行会社に提案をしてくれ、実現したのです!サンマルコ広場での挙式は、地元の新聞にも取り上げられ、翌日の一面に載ったそうです。

結婚式のお話をしている川端社長。幸せそうです♪

お父様と本格的に不動産業を始めた川端社長ですが、分からない事ばかりで上手くいかない事も。
しかし、努力家でアイデアマンの川端社長は売買仲介のセミナーに参加し、ノウハウを活かし、情報誌を作成するなど工夫をして業をされてきました。

現在は、預かった物件の特徴を引き出し、写真や動画を使いネットを活用して、細部に亘り紹介をしています。良い部分だけでなく、悪い部分もしっかりとお客様に伝える事も欠かしません。

最後に、川端社長に今後の目標をお聞きしました。

「不動産の取引きは、一生に一度の大きな買い物。不動産の知識が無い方もいらっしゃる。
今までも、これからも変わりませんが、アドバイスをし、トラブルが無いよう先に先にと
予見して仕事をしていく。」

昨年には、「宅建マイスター」も取得した川端社長。
お客様の為に努力し続ける真面目な人柄で、これからもご尽力される事でしょう。

川端社長、ご協力ありがとうございました。

会社概要

長野県知事(13)1300 (株)中部エース
代表取締役 川端 明人
〒381-0043 長野市吉田3丁目22-8
Tel(026)263-7588/Fax(026)215-1128

この情報をお届けした
長野県宅地建物取引業協会 長野支部の最新情報を、いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る